イベントレポート

第7回世界遺産コンサート(富士山世界遺産登録記念)  
静岡・富士山本宮浅間大社 /富士宮市民文化会館
~富士山に抱かれたまちの音楽会~

“富士山”世界遺産登録記念
歓喜を奏でる音楽会

富士山世界遺産登録記念「東儀秀樹・世界遺産コンサート」富士宮市民文化会館にて2014年1月18日に行われました。
先ずは主催者富士宮市 須藤市長のご挨拶「富士山を誇ることはそこに住まう自らを誇ること。さらにふるさとを誇ることです。市民の皆さんと未来を託す子供達の瞳と心に、今日の世界遺産コンサートがずっと映り込まれていくことを期待しています」

オープニングは'富士山に抱かれたまち'を代表する郷土芸能、静岡県指定無形文化財の「富士宮囃子」演奏は富士宮囃子保存会の皆様。「屋台」「荷崩し」の2曲をご披露くださいました。

今日のゲストしらいみちよさんは富士山の麓、山梨県の都留にお住まいです。毎日富士山から浴びる力を音楽に託して様々な活動をされています。富士山によせる思いを語ってくださいました。
「豊かなときの中へ」「富士古道の祈りうた」「アメイジング・グレース」の3曲は優しい気持ちになれました。

声楽家のジョン・健・ヌッツォさんは国内外でご活躍されています。 富士宮でも、その歌声は響き渡り、迫力の中にも甘い優しさを醸し出してくれました。 「アヴェ・マリア」~マスカーニ作~、「誰も寝てはならぬ」~プッチーニ作~、「オー・ソレ・ミオ」~カプア作~

そして東儀秀樹さんの登場です。
「世界遺産コンサート」を様々な国で開催してきました。
そんな私達の悲願であった富士山の世界遺産登録。
その記念イベントとして富士宮でコンサートができることは本当に嬉しいことなのです。
「JUPITER」「I am with You」「時ヲ旅スル」「ハナミズキ」「Out of Border」

いよいよ、富士宮市立富士宮第3中学校の皆さんです。
富士山を心に、夢をもって生きる子どもたち。
歌うことの大好きな子どもたちが集まってくれました。
「大切なもの」を東儀さんとの共演です。

フィナーレは 出演者全員で富士宮市の愛唱歌「富士山」を歌いながらお別れしました。
永遠に富士山が世界遺産であり続けるために、未来を託す子供達の心に「富士山が人類共通の財産」であることを忘れないために、私たちが今できること続けていきたいと思っています。
ご協力いただきました方々に心より感謝しております。どうもありがとうございました。

開催日程:
2014年(平成26年)1月18日
実施会場:
静岡 富士山本宮浅間大社・富士宮市民文化会館
出演:
富士宮囃子、しらいみちよ、ジョン・健・ヌッツォ、
東儀秀樹、富士宮市立富士宮第3中学校
世界遺産コンサート倶楽部の会員になりませんか?

賛助会員/正会員皆様には、鑑賞券のご優待をはじめとするさまざまな特典がございます。
さらに今ならご入会特典として2008年~2014年の世界遺産コンサートを収録したDVD(非売品)を1本プレゼント中!
会員について詳しくはこちら»